ミネラルウォーターで美味しく料理しよう

安心・安全の水というとまず「ミネラルウォーター」を思い出すのではないでしょうか。
水道水の安全性に疑問を持つ方の多くはミネラルウォーターをお料理に利用されているかと思いますが、ミネラルウォーターは銘柄によってさまざまな硬度に分かれています。
そのため、使いようによっては美味しくもなりますし、逆に美味しくないお料理も出来てしまいます。

ミネラルウォーターを利用するのにおすすめの料理は、ビタミンが含まれている食事です。
野菜料理や蒸し料理などはその代表格といえますが、水道水でこれらの料理を作ると塩素などの成分がビタミンを壊してしまうおそれがあるのだそうです。
そのため、天然水で作るお料理がもっとも栄養価が高いといえます。

硬水・軟水それぞれのメリット

また、軟水と硬水それぞれの良さを活かしたお料理もあります。
煮物やみそ汁などの和食は素材の旨みを抽出してくれる軟水が良いとされていますし、ビーフシチューなど固めのお肉を使った料理にはカルシウムを多く含んだ硬水が合うとされています。
硬水の中のカルシウムがお肉のたんぱく質と結びつき、肉が柔らかくなって食べやすくなります。

また、肉の臭みを抑えてくれるのも硬水ならではのメリットといえます。

また、飲み物では緑茶にはやはり抽出力のある軟水が良いとされており、緑茶のもつ香りがしっかり出て美味しいお茶に仕上がります。
逆にコーヒーについては、軟水と硬水どちらでも良いようですが、豆の味や香りをしっかり出したい場合は軟水で淹れ、逆に渋みなどを抑えたい場合は硬水で淹れると良いとのことです。

ミネラルウォーターは採水地によって味や硬度が異なり、特徴もいろいろです。
そのため、お料理の味や質もミネラルウォーターの数だけ楽しめるメリットがあります。
使用するミネラルウォーターを変えて味を比べるのも良いですし、健康志向で硬水をメインに使うのも良いでしょう。
いろいろと工夫をしながら、お料理やティータイムを楽しんでみてください。