放射能検査されたミネラルウォーターを選びたい

2011年3月に起きた東日本大震災では、放射能による大気汚染、環境汚染、そして食糧汚染が非常に深刻な問題となりました。
大震災が収束した今でもなお放射能の影響は計り知れず、家庭において日々水道水を飲用する際にも
多少の不安を感じずにはいられません。

水道水の代わりとしてミネラルウォーターを家庭に導入し始めた方も少なくないと思いますが、
このミネラルウォーターについても本当に信頼して良いのかどうか気になるところです。
ミネラルウォーター各社のホームページで確認できますが、キリンの「アルカリイオンの水」やサントリーの「南アルプス天然水」など主要な銘柄ついては継続的に放射能検査を行うことによって安全性を確保しているようです。

放射性物質は水にも含まれてしまいますから、ミネラルウォーターを購入する際にはあらかじめホームページで検査がされているかどうかを確認し、小さなお子さんや病気療養中の方が汚染された水を口にすることだけは防ぎたいものです。
確認のうえで大切なことは、水源が汚染されていないかどうかをしっかりチェックすることです。
放射性物質に汚染された水が地下にしみこんでしまえば、必然的に水源となる部分も汚染されることになります。
すでに大震災以降何度も雨が降っていますし、そのたびに土壌には水がしみ込んでいますから、細かいことではありますが水源の安全性が高いかどうかも確認しておく必要があります。
また、比較的安全なミネラルウォーターの選び方として、採水地を限定するという方法もあります。
東日本大震災で被害を受けた東北地方や、放射能の影響が懸念される関東地方で採水している銘柄を避け、
中部地方や関西以南のミネラルウォーターを選んでおけば放射能の影響もきわめて少なく、
安心度も高いといえます。
日々、学校や勤務先などさまざまなシーンで飲用するミネラルウォーターだからこそ、安全性の高い銘柄をしっかり比較検討して選ぶようにしたいものです。