お通じとミネラルウォーターの関係

女性の半数が患っているとも言われている「便秘」は、実はミネラルウォーターの飲用によって解決できる可能性があります。

そもそも、便秘の原因は遺伝的な体質以外にも生活習慣によるものが大きいと言われています。
汗をかいても水を飲まない、水の代わりにジュースやコーヒーを飲んでしまうなど、人間の身体にもっとも必要な「水」そのものが欠けているのにそれ以外の成分が体内に蓄積されてくると、それだけ老廃物の排出が滞り便秘のリスクも増えることになります。

起床後、就寝時にミネラルウォーター

簡単にできる便秘対策としては、朝起きてからコップ一杯のミネラルウォーターが効果的とされています。
よく言われている方法ですが、実際人間は寝ている間に汗をかいたりして水分を放出しています。
それらに気づかず、水分を摂取しないでいると腸のはたらきが悪くなりますから、何日もお通じがないというケースに至ってしまうのです。

ちなみに、便秘がひどい時はミネラルウォーターのなかでも硬水を選ぶと良いでしょう。
ただし硬水にはクセが強めなものもありますから、一度飲んでみて合わないと感じたら硬度の低いミネラルウォーターを選ぶようにして、徐々に慣れていくことが重要です。
また、硬水に身体が慣れていない場合お腹を壊して下痢になるおそれもありますので、一気飲みをしたり、無理に硬度の高いミネラルウォーターを選ばないようにしましょう。

便秘を解消するときに注意したいことは、栄養素の不足による肌荒れです。
水だけ飲んでいても栄養素は補われませんので、食生活にも気を付けつつ、日中は肌に良いとされる軟水を飲むようにするとより効果的です。
軟水は皮膚の細胞を活性化してくれる作用があると言われていますし、硬水よりもミネラル分が少ないためお腹を壊さずに済みます。

便秘症でない方にとっても、血液をサラサラに保ち脳梗塞や動脈硬化を予防してくれるものとしてミネラルウォーターは大変効果的です。
起床後、就寝時にはミネラルウォーターを積極的に摂るようにすると良いでしょう。